2015/01/12

NSFW の意味・用法・例文


スポンサードリンク
nsfwとは


意味・使い方
Not Safe For Work, もしくは Not Suitable For Work を省略した略語。suitable は「適切な」の意味。

職場では安全でない」「職場では危ない」「職場では不適切」「仕事中は見るな(開くな)」 などの意味。

主にアダルトやグロなど、周りに上司や同僚のいるような職場のパソコンで見るとちょっとまずいと思われるようなコンテンツを紹介するときに使用したりする。

また、開くと自動的に音の出るサイトのリンクを貼るときなどにも注意として (NSFW) などと書くこともある。仕事中にネットサーフィンしてるのがバレるのを防ぐため。

ウェブサイト、メール、SNS、ネット掲示板、チャットなど、さまざまな場所で使用されるネットスラング。

対義語は SFW(Safe For Work).


例文
This video is hilarious. You should view it when you get home (NSFW).
この動画笑えるよ。家に帰ったら見てみて。(職場閲覧注意)

Warning: This picute is NSFW.
注意: この画像を職場で見るのは危険です。

Check this out! (note: NSFW)
このリンクチェックしてみて!(注: 職場では開くな)

This website is kinda NSFW.
このウェブサイトはちょっと職場で見るのは要注意だね。

This is a SFW board. If you want to post NSFW just go to a NSFW board.
ここはSFW板だぞ。18禁が貼りたければNSFW板に行けよ。

SFW boards: 4chanなどのネット掲示板で「職場で安全」な板、つまりアダルトコンテンツの投稿不可の板。
NSFW boards: 職場で閲覧するのは不適切な板。つまりアダルトコンテンツの投稿OKの板。
(ちなみに、4chan ではSFW板は背景が青色で、NSFW板は背景がオレンジ色になっている。)



スポンサードリンク