2014/11/04

GAR の意味・用法・例文


スポンサードリンク
garとは


意味・使い方
gar は「超男らしい」「男らしすぎる」を意味するスラング。あまりに男らしすぎるため、同性愛指向のない男性でも思わず惚れてしまうような男性を形容するときに使用される。

また、「gar for」という形で使用されることも多い。 「gar for」は「gay for」と同じ意味(というかそもそもはミスタイプ)で、「~にゲイだ」を意味する。噛み砕いて言えば、「(オレは別にゲイじゃないけど)~に対してはゲイなんだ」「(オレは別に同性愛者じゃないけど)~には惚れてしまう」のような意味になる。

また、このスラングは「GAR」と全て大文字で書かれることが多い。


元ネタ
語源は4chanのアニメ板に投稿された以下のコメントとされる。

I'm gar for Archer. (オレはアーチャーにガーだ)

これは2006年に放映されたアニメ「Fate/stay night」(スタジオディーン版)第14話を見たアニメファンの書き込みとされる。第14話「理想の果て」はアーチャー(Archer)という男性キャラクターが大活躍する回であり、これを書き込んだ人はそのアーチャーのあまりの男らしさにやられてしまったと思われる。この文章の「gar」は「gay」のミスタイプであり、このミスタイプが4chan民にウケてどんどんと広まっていき、前述のような意味を持つネットスラングとなっていった。

GARcher

例文
Why is Archer so GAR?
なんてアーチャーってあんなに男らしいの?

That's GAR as fuck.
それは超男らしすぎるだろ。

Episode 14 left me totally gar for Archer.
第14話を見たらもうオレは完全にアーチャーにガーになってしまった。

If you're not GAR for archer you're doing something wrong.
もしお前がアーチャーに惚れないなら、お前は何か間違ってる。

He's just 2cool! I think I'm totally GAR for him.
こいつとにかくカッコよすぎ! もうオレはこいつに完全にガーだわ。

You are gar for badasses, but gay for traps.
男らしいワイルドな男にはガーになり、男の娘にはゲイになる。

アーチャーは最強の敵バーサーカーを6回殺した(そして自らも死亡)

GARなキャラとそうでないキャラの例

GARなリアル男性の例





スポンサードリンク