U Wot M8 の意味・用法・例文

意味

u wot m8 とは、「You what, mate?(ユー・ウォット・メイト?)」というイギリスの若者がよく使う口語表現を省略したもの。


おいおい、お前何言ってんの?」「え? 何て言った?」「なんだよお前、やんのか?」「は? もう一回言ってみろ」などなど、文脈に応じていろいろな意味合いで使用される。



解説

U は You の略語。U も You もともに発音が「ユー」で同じなので代用している。


Wot は疑問詞 What をイギリス風発音をもとに綴ったもの。アメリカ発音では what は「ワット」といった感じで発音されるのに対して、イギリスでは「ウォット」のような感じで発音される傾向にある。


m8 は mate の略語。「相棒、お前、おい」など、相手への呼びかけとして使用される。mate(メイト[meit]と発音)の eit 部分を数字の8(エイト: eight) で代用している。



使い方

はぁ? 何? お前今なんて言ったのw?」と言った感じで変なコメントをした相手を茶化すような感じで使用されたり、「はぁ? 何だと? もういっぺん言ってみろや」的な感じで、気に入らないコメントをした人を喧嘩腰で煽るような感じ使用されることが多い。


ただし、喧嘩腰と言ってもこのスラングを使用しているという時点で悪ふざけの意志は明白であり、別に本当に怒っているわけではない。


また、いきなり会話の最初に使うことで「あ? 何だよお前、やんのか?」 という意味合いで使用されることもある。


もともとはイギリスの口語表現ということで、イギリス人をからかう時に使用したり、イギリス人の真似をするときに使用したりすることもある。


ネット掲示板、ネットゲーム、チャット、Facebook, Twitter, Tumblr などいろいろな場所で使用される。


ネット掲示板で使用される場合は、変なコメント、明らかな釣りコメント、自分が納得できないコメントなどに対して用いることで、「おいおい、お前何言ってんだ?」といったニュアンスや、「はぁ? もういっぺん言ってみろや」的な意味合いで使用されることがほとんど。


おちゃらけた言い方であり変なコメントに対する軽いツッコミのような感じで使用されることが多い。



画像

「you what, mate?」という、ただでさえ文法的には不完全な意味のとりにくいフレーズをさらに略語だらけにしたところや、「u wot m8」という字面やスペリング、発音、音の響きなどの面白さから近年人気のスラングとなっている。人気フレーズなので脈絡なしに面白半分に使用されることもある。




また、4chanなど画像の投稿できる画像掲示板では u wot m8 はこのイギリス人少年の画像で代用されることが多い。少年の乗ったバスのドライバーが運転中に突然気を失いバスは制御を失うが、少年は機転を利かせ緊急ドアを開け乗客を無事安全に避難させたこと地元の英雄になりインタビューを受けている。




実際にはこの少年はこのインタビューの中では「you what, mate」とは言ってないのだが、この少年の顔や表情や話す英語のアクセントなどが「u wot m8」というスラングとの相性やイメージがピッタリなことからネット民に愛される画像となり、このスラングが流行する要因ともなった。