Manime の意味・用法・例文

意味・使い方

manime(マニメ)とは、Manly Anime を省略した略語である。

manly(マンリー)は「男らしい」を意味するので、manime は「男らしいアニメ」「男向けのアニメ」などの意味になる。

萌えアニメ(moeshit, CGDCT)と対比する文脈でよく使用される

萌えとかファンサービスでいっぱいのオタクに媚びたアニメではなく、クヨクヨ悩んでばかりの女々しい少年が主役のアニメでもなく、戦いを厭わない筋骨隆々の男らしいキャラが主役の男臭いアニメや、主人公が努力や根性で成長し困難を克服していくアニメなどを指す

具体的には、北斗の拳ジョジョの奇妙な冒険、グラップラー刃牙、ベルセルク、天元突破グレンラガン機動武闘伝Gガンダム、はじめの一歩など、熱血系少年アニメや、暴力描写の多いアニメがよく挙げられる。

関連用語
moeshit: 萌えクソ。萌えアニメへの蔑称。
CGDCT: 同じく萌えアニメを指すスラング。詳しくはリンク先へ





例文

Fuck moeshit! I only watch MANIME!
萌えアニメなんかクソ喰らえ! オレは男らしいアニメしか見ないぞ!

Is Ninja Slayer MANime oty so far?
これまでのところニンジャスレイヤーが今年一番のマニメかな?

I'm enjoying both Moe & Manime equally.
オレは萌えアニメも男向けアニメも同じくらい楽しんでるよ。